2007/03/01

俄然盛り上がってきました市役所前

070301_1910~0001.jpg回答を求めて待っています。
玄関前での炊事・野営に踏み込みました。いざ市役所へ!
posted by kamapat at 19:26 | 住民票・中之島野営闘争

申し入れ書

.jpg

今朝、解放会館に2月26日に出していた申し入れ書の回答が届きました。前と同じく、何もしないで消除手続きを進めるというだけの回答だったので、再度申し入れ書を出しました。
その席上で、一人の労働者が訴えていた、住民票消除差し止め訴訟が高裁で勝利したという知らせがありました。
私たちは、3000人の住民票を消除するなという声をあげ続けます。
---------
申し入れ書
大阪市長 関淳一殿
2007年3月1日
 釜ヶ崎解放会館や「ふるさとの家」などに住民登録している日雇い・野宿労働者の住民票を大阪市が一斉に消除しようとしている問題について、この間、これまでの前提を越えるいくつかの事実が明らかになった、3月1日付の大阪市市民局名による回答は、この間うかびあがってきた疑問に答えていないので、再度申し入れる。
 西成区は、30年の長きにわたって日雇い労働者を釜ヶ崎解放会館などに住民登録してきた。その間、西成区は毎年調査を実施し、「法(住民基本台帳法)の要件に合わない者」については職権で登録を消除してきた。公職選挙の際、投票所に赴いたところで初めて消除されていると気づいた労働者がいる。これは逆に言えば、消除されなかった者については「法の要件に合っている」と区が判断していたということだ。
 公職選挙の際には、萩之茶屋小学校などの投票所では「萩之茶屋2−5−23」と表示されたブースが設置され、氏名の50音順に投票机が置かれていた。選挙管理委員会は、多数が登録している状態を意識的に活用してきたことは明らかである。
 藤田市民局市民部区政課・課長代理は、そうしたことが事実であるならば、と前置きしたうえで、「市は慣行としてすすめてきた」(これまで慣行としてやってきたものを突然「違法だから削除する」というのでは)「労働者は被害者だと言われても仕方がない」と発言し、市の対応の矛盾はますます明らかである。
 総務省も住民登録の扱いについては、各自治体の特性にかんがみ、自治体の裁量権を認めているが、上記のような実態こそ釜ヶ崎を抱える大阪市の特性であり、だからこそ大阪市は、これまで慣行として解放会館などでの登録をすすめてきたのではないか。従来どおりの慣行を法は許容しており、必ずしも消除は必要としていない。
 以上の疑問点が解消されていない以上、消除はとうてい受け容れられない。
 上記の点について早急に説明を求めるとともに、以下申し入れる。
1.住民登録を消除するな
2.関市長自ら労働者に公開説明を行え
3.代替の住民票置き場を示せ

釜ヶ崎労働者の住民票強制消除に反対する有志一同
連絡先:釜ヶ崎解放会館
TEL:06−6631−7460
FAX:06−6631−7490
posted by kamapat at 16:35 | 住民票・中之島野営闘争

大阪市よ、天に恥じよ!

激励のメッセージを転載させていただきます。
◆◇◆◇◆◇◆◇
大阪の底辺にあって、たくましく生き抜いている皆様方へ

大阪市よ、己れの醜悪なる姿を天に向かって恥じよ!

いよいよ大阪市が、公権力を振るって日稼ぎ労働者や野宿者たちを襲撃し、集団的圧殺を謀る、歴史に残る暴虐の日が、明日に迫ってまいりました。

大阪市当局は、己れらの不祥事から市民の眼をそらすために、躍起となって生活不安定の状態にある人たちに一斉攻撃を仕掛け、恥知らずにも、多くの人たちの生活と生
命の根っ子を一挙に奪う、悪辣極まる暴挙に打って出てきたのです。

しかしながら、この愚劣な悪行によって、日本の「地方自治体」の体質と本質とが、良識ある国民や外国人の眼にさらけだされてしまうことは必至でありましょう。
権力を握る「公僕」陣営は、一時的に勝利の美酒に酔うことはできても、その行き先は断崖絶壁でしかありえません。

私は大阪で生まれ育ち、大阪の地を愛してやまない一人として、当日はその執行現場に立ち、深い悲しみをもって大阪市の犯罪的な悪行を自分の眼底に焼き付け、その断
末魔への道を見届けることになるでしょう。

2007年3月1日
八木 正 (金沢市)
----------
posted by kamapat at 13:28 | 住民票・中之島野営闘争

釜センタービラ

三日めの報告を書いて今朝、釜ヶ崎のセンターでまいたビラの文章です。
◆◇◆◇◆◇◆◇
野営3日目、釜ヶ崎労働者をなめきった関市長に労働者の怒りが爆発!!
労働者の住民登録抹消は関市長一人で強行している

2月27日関市長は、記者会見で、「解放会館への住民登録は、法律に違反している。だから見過ごせない。3月2日に約2800人の住民登録を抹消する。法律に違反してるんだから、どこにも住所が置けない人なんか知らん。他の住民票をおける場所は、作らない」と発言した。

 ふざけた話だ。住民登録を今まさに抹消されようとする労働者は、「1、住民登録を抹消するなら関市長自身が釜ヶ崎労働者に説明しろ。2、どこにも住民票が置けない人の置ける場所を設定しろ」と申し入れをし、26日から市役所の前で寝起きし、答えを待っていた。雨にぬれても、市役所に入れなくても、心の中で怒りが爆発しても、おとなしく市役所前で待っていた。しかし関市長は、その労働者を無視し、マスコミに一方的に強制削除を発表したのだ。釜の労働者なんか目に入らないのか。釜の労働者に口をきくのさえもったいないというのか!!

 10時からの交渉では、関のあまりに釜ヶ崎をなめきった態度に労働者の怒りが爆発!!市長室へ行こうということになった。入り口で多くの労働者がガードマンに阻まれたが、4人が、5階の市長室までたどり着き、「なぜテレビや記者の前では話せて、3日も待っている我々に話せないのか」「下にいる労働者にちゃんと説明せんか!!」と抗議した。(ウラを見よ)

 市役所玄関では激突の末、市民局の藤田課長代理を引っ張り出した。「選挙のときは、多数の労働者の住民登録がある解放会館専門の受付があった。解放会館に住民票を置いて選挙することは、市も認めた慣行だったんじゃないか」という質問に「慣行だった」と答え、「労働者が今回の登録抹消はだましうちと思って怒るのも当然だ」と認めた。

市長と担当局で話が違っている。要するに解放会館への住民登録が法律違反だから強制削除するといっているのは、関市長だけだということである。関が、担当がならわしであったと認める解放会館への住民登録を、法律違反と決め付け、権力をふるって強制削除に突き進んでいるのだ !!

 労働の皆さん!!関市長は、30年間、西成区でやられてきたならわしである解放会館への住民登録を一人で法律違反と決めつけ、3000人の労働者を住所不定に追い込もうとしている張本人です。釜ヶ崎労働者から住民サービスや選挙権、そして何よりも釜ヶ崎にいきる労働者として人としての誇りを奪い取ろうとしている張本人です。釜ヶ崎労働者の誇りをかけて、関市長と対決していこうではありませんか。市役所前での野営闘争に参加してください!!   釜ヶ崎地域合同労働組合 6631−7460

失業と野宿を考える実行委員会 6647−8278
posted by kamapat at 09:41 | 住民票・中之島野営闘争
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。