2007/09/28

今日のパト

JRコース28
阪急コース33
地下コース10
西梅田コース38

計109名

朝晩はだいぶ涼しくなってきたので、仲間の装いもほとんどのひとが長袖です。JRコースでは「上着がほしい」というひとがいたので、次回仲間の日には用意します。倉庫の整理をして夏物と秋物を入れ替えなきゃ。
また、「散髪をしたい」という仲間もいたので、今度の仲間の日はハサミとクシも用意しなきゃ。
posted by kamapat at 22:43 | パト報告

2007/09/25

918福祉

9月21日夜のパト
阪急コース32名
地下コース15名
JRコース30名
西梅田コース29名

計106名

9月18日(火)の福祉相談で、直前のパトで出会った仲間がやってきました。浪速福祉からケアセンに二週間、退所後、中央福祉から市内の有名行路ケタオチA病院に入院するが、患部も見ずに処方箋を書くので、不安になって1日で自主退院。パトで出会ったのは退院してから一週間もたたないうちだった。
北区福祉から因果含めて市内のB病院に入院。検査の結果、皮膚炎は内臓からきてるものだとわかった。
posted by kamapat at 15:44 | パト報告

Nです

みなさま

 こんにちは。Nです。

 8月24日の突然の逮捕から13日間、世界陸上の終わった直後の9月5日(水)の夕方に、無事釈放されました。「釈放事由」は「拘束不要」とのことですが、紙切れ一枚でのあまりにもあっけない釈放でした。

 この間、ほんとにたくさんの方々から激励のメッセージや大阪府警への抗議を寄せていただきました。全て、弁護士接見を通じて私に届けていただきました。長居公園の仲間は毎晩府警本部前に激励に駆けつけてくれました。ひとつひとつの言葉が、思いが、こんなにも暖かいものかと、体に染み渡るようにしみじみと感じられました。ありがとうございました。

 私が逮捕された容疑は、「ディーゼル車の排ガス規制を免れるために、使用の本拠をいつわって車検の継続検査を2回にわたって行った容疑」=ひらたく言えば不正車検です。逮捕と同時に、扇町公園の私の小屋と私のアルバイト先である人民新聞社オフィスに加え、釜パトメンバーの自宅が家宅捜索にあい、メンバーの携帯電話などが押収されました。扇町公園の小屋は令状なし・立ち会いなしの捜索でした。大阪府警のやり方のなんとデタラメなことといったら、自分自身に降りかかったことながら、あきれてしまいます。ここまでやるか、と言うか、世の中はここまで来てしまったのか、という印象です。
 府警本部の留置場内では、さまざまな被疑者たちの闘いの存在にも気づかされました。身に覚えのない容疑を着せられ、数ヶ月にわたって刑事と渡り合っているひと。警察の拷問のようなすさまじい取り調べを受け続けているひと。独房で精神安定剤を飲み続けているひと…。彼らの闘いとの出会いも、今後の取り組みの糧としていきたいです。
 また、弾圧対策の未熟さや救援活動の問題点などにも気づかされました。さらに学習を進めて、反省点を生かしていきたいと思っています。

 留置場内での経験や、逮捕・取り調べの手口についてなど、必要な場面で可能な限りお伝えし、運動総体の弾圧対策として共有していきたいと思っています。

**********

 今回の逮捕・勾留については既に多くの方がご指摘されておりますように、天皇出席と強制排除のもとでの世界陸上開催にあわせ、抗議行動を封殺する目的で強行された暴挙であることは明らかです。
 取り調べの中でわかったことですが、大阪府警警備部公安三課は、長居公園テント村の強制排除の手続きに入った昨年11月21日の時点で、近畿陸運支局に当該車両の車検申請書の照会を行っています。また、車両の捜索のためとして、車検証に記載された車庫の所在地や私の「実家」を訪れたのは、この8月になってからです。さらに、今年4月30日に長居公園で私たちが開催した「長居公園一日テント村〜明るいビンボーメーデー」の際にも、「車を使っているかどうか」をチェックしに来ています。これらのタイムラグも、明らかに天皇来阪のタイミングを計った逮捕であることを物語っています。
 また、8月25〜27日の天皇来阪中は、私が居住し、釜ヶ崎パトロールの会の活動拠点である扇町公園を公安刑事が常駐監視していました。今年の5月7日、ADB(アジア開発銀行)の総会が京都で開催され、皇太子が昼食会参加のために関西にやって来た際にも、私や他の釜パトメンバーは常時公安刑事の監視につきまとわれました。
 私は今回ほど天皇制の悪質さを身をもって感じたことはありません。民主主義と相容れず、自由と敵対するものであるかをつくづく実感しました。
 怒りを新たに、今後も「天皇制解体!」の声を上げ続けていきたいと思います。

 今回の弾圧は、強制排除や住民票取り上げ、日雇い労働者の一時金の廃止、高齢労働者の失業対策事業である特別就労事業の縮小と続く、大阪市による下層労働者の棄民化攻撃に連なるものです。これらの攻撃に一貫して反撃を担ってきた運動総体への弾圧だととらえています。8月25日の集会・デモをはじめ、弾圧への抗議行動もそういったものとして取り組まれました。
 そして私たちは、野宿・日雇いの立場から、失業者・フリーターや生活保護受給者、外国人労働者など、社会的排除を被る貧しき「持たざる者」たちの連帯を呼びかけています。長居公園の強制排除との闘いなどにおいては、たくさんの仲間といっしょにそれを結実させてきました。
 やつらは、下層労働者と「持たざる者」の腹の底からの怒りが燃え広がることを恐れています。そしてその怒りが、天皇制解体の声と結びつくことを本能的に恐れています。
 やつらの恐れるものこそが私たちの希望!
 私は、野宿労働者・日雇い労働者の団結を軸に、貧困者・「持たざる者」の連帯を呼びかける運動を今後も力強く進めていく思いを新たにしています。

 全てのひとの尊厳ある生のために、ともに闘いましょう!


長居公園仲間の会/釜ヶ崎パトロールの会
posted by kamapat at 15:40 | 反弾圧・報告・メッセージ

2007/09/05

N君釈放!

本日午後6時20分頃元気な顔で釈放されました。処分は保留ということです。

昨日の開示公判も法廷に入りきらない40名以上の方が駆けつけてくれました。N君からも「たくさんの人が応援に来てくれて、ありがとうという言葉しか出ない」というメッセージを預っています。
N君ですが、処分保留という事もあり、逮捕時に押収された携帯電話などはまだ返還されていませんので本人への連絡はしばらく控えて下さい。

この間本当に多くの方から、激励メッセージや救援カンパをいただきました。いずれ本人から報告などをさせます。支えてくださった多くの方々、本当にありがとうございます。取り急ぎ、お礼と報告まで。
posted by kamapat at 23:27 | 反弾圧・報告・メッセージ

2007/09/04

メッセージ、抗議文

去る8月29日には準抗告の申立てが棄却されましたが、9月1日には最高裁に対して準抗告棄却に対する特別抗告を申し立てました。
この間、多くの方からN君への激励、そして大阪府警への抗議文を送ってくれています。公表の承諾を頂いた方からの激励.抗議文を紹介すると同時にこの場を借りて皆様にお礼を言いたいと思います。ありがとうございます。届けていただいたメールは弁護士を通じて随時N君へ届けるようにしています。N君への大きな励ましとなったことと思います。

以下激励と抗議のアピール
===============================================
こんばんは。おからだの調子はいかがですか。Nさんに力を与えるなんておこがましいかぎりですが、一言むしろこちらが「励まされてしまった」ことをお伝えしたくメールを差し上げました。 Nさんからのメッセージを釜パトブログで読みました。「この弾圧に屈せず、どーんと跳ね返し・・・」というくだり(特に「どーん」というところ)を読んで、わたしが励ますというよりも、むしろこちらが励まされてしまいました。そのNさんの「明るさ」を他の人に伝えるべく、この事件を伝えていくのがまず自分の出来るこ とだと思いました。それでは!

===============================================
度重なる弾圧!それをもはねのけ、元気にわたし/たちの前に姿を見せてくれると信じています。がんばれN君!闘争勝利!!!
 
===========================
不当な弾圧に負けず頑張って下さい!

===============================================
Nさんへ ●●です。長居公園や集会などで何度かお見かけし、ご活躍をいつも尊敬の念を持ってみていました。 このたび、関西での運動の中心人物ということで、不当弾圧をされているわけですが、お体を大事にして乗り切ってください。強靭な精神力のある方でしょうから、きっとそうなさるでしょうが。関西で「反貧困」の大きなうねりを作り出すとき、私も微力ながら参加させていただきたいと思います。がんばってください。

============================
Nさん、不当逮捕されたと聞いて、本当に怒っています。獄中では、警察があることないこと言うたりして、心身ともに苦しい状況にあると察します。ほんまに何もできませんが、一日も早い釈放を願って、府警に抗議をします。簡単に言うてしまって申し訳ないですが、お体を大事にされてください。大阪をはじめ、 全国、世界の仲間が応援しています。

============================
全人民があなたとともにあります。がんばってください。テントを排除せずに陸上大会をすれば、日本選手も活躍できたかもしれないのにねー
===============================================
今回の弾圧を知り、権力の汚いやり口におぞましい思いでいっぱいです。このような露骨な予防弾圧を許すことを私はけっして許すことができない。警察は、天皇の来訪のため、国を挙げてのイベントのため、抗議する人間をなりふり構わず拘束し、そして「適当に」解放するんだろう。そんなことを許容してはならない。このようなあからさまな、人への冒助K行為は、私たち一人ひとりが馬鹿にされている。権力はこのような無茶をしても、許されるだろうとなめきっているのだ。一人ひとりが黙認行為への拒否を示さねば私たち自身への恥辱に今後ともさらされることになるだろう。ほこり高き青年であるNさん。とりあえず、生きてください。東京来たときは気軽に連絡ください。では
===============================================
Nさん、つらい時期にいやな目にあってしまうなんて、ほんとに、こんな酷いことがあるんですね。みんなが励ましに府警前まで行ってるってメールで読みました。わたしはNさんが捕まったこともみんながいろんなことして励ましたり抗議したりしてることも、メールでしかしらないし自分の声も届けられないけど、出てきてくれるのを楽しみに待っています。この世界地続き◎壁のないオウチへ早く帰ってきてください!酒飲んでナベガンチのサンバで一緒に踊りたい♪ 体、気をつけてくださいね。あんまりゲッソリして帰ってきたら嫌ですよ。今までどおり男前なNさんで帰ってきてください。こんなことはないかもしれないけど、弱気にならないでくださいね。わたしはNさんに感謝してます。

===========================
Nさん 大阪府警の不当な、しかし極めて分かりやすい弾圧に屈せず、たたかいぬいている姿に励まされます。新自由主義の治安弾圧は、排除と統合が、権力者のつごうによって使われます。権力者によって統合のリストからもれた人々は排除され、それに抗えば弾圧される。しかし排除される人々は決して少数ではありません。大阪各地で、全国で、アジアで、世界で、新自由主義に異議を唱え、排除に抗し、ときには弾圧され、しかし最後には必ず勝利することを信じてやまないたくさんの仲間たちがNさんとおなじ、あるいはさらに厳しい状況の中で闘いを続けています。彼女たち、彼たちの闘いはわたし達の希望です。そしてあなたの闘いはわたし達の希望です 。

===========================
N君には、希望を共にする仲間がいっぱいいます。たまに、失望することがあっても、絶望することは、決してない。

===========================

抗議文
本月24日、御部はホームレス支援者N氏を、明らかに予防拘束を目的として別件により不当逮捕されました。これは、かつての特高警察の蛮行を彷彿せしむる暴挙であり、愚挙であると考えます。御部はこれにより、その輝ける歴史にまたもや汚辱の1ページを付け加えられました。
大阪府民である当方は、御部のかかる暴挙・愚挙に対して心底からの怒りと深い侮蔑を禁じ得ません。この怒りと侮蔑はやがて数多の府民の間に、さらに数多の国民の間に燎原の火の如く広がり行くに違いありません。

 大阪府民として、御部に対し厳重なる抗議を行うとともに、御部におかれましては直ちにN氏釈放の英断を下され、御部の名誉を回復されますよう甚だ僭越ながら具申する次第です。

======================================================
2007.8.26
大阪府警察本部長様
均等待遇アクション21京都
宇治市広野町西裏99−14
第一パールビル3F

抗 議 文

私たち均等待遇アクション21京都は、誰もが基本的人権の行使と民主主義を享受するため、「どんな働き方でも均等待遇」を求めて活動しているネットワークです。

大阪府警による前代未聞の弾圧に対して激しい怒りを禁じえません。
8月24日午後1時ごろ釜パトのメンバーであるN君のアルバイト先や別のメンバー宅ともう1ヵ所が家宅捜査され、N君は逮捕されました。
逮捕理由となった「道路運送車両法違反」という事例で逮捕されたのは日本で始めてということです。


なぜ大阪府警はN君を逮捕する必要があったのでしょうか。それはN君が長居公園の強制排除や住民票の強制削除など日雇・野宿労働者への攻撃に対しての抵抗を先頭で闘っていたからであり、だからこそ大阪府警は世界陸上開会式前日にN君をこのような「微罪」で逮捕したのです。これは世界陸上開会式への抗議の声を圧殺しようとする予防拘禁に他なりません。
私たちは今回の大阪府警の弾圧を絶対に許しません。
今年の2月5日大阪市はN君ら長居公園で生活していた野宿の仲間のテントや小屋を強制撤去しました。それは5000筆を越える強制撤去反対署名を無視し、ヤラセで「排除を求める地域の声」をつくりだし、多額の税金を投入して、野宿の仲間たちの要求や質問に何一つ答えることなく強行されたのでした。
このような暴挙を強行した理由は明らかに天皇出席の世界陸上のためです。
野宿者の強制排除と天皇制や国際的なイベントは決して無関係ではありません。
これまで天皇や皇族が出席する式典のために、そして「国威」の発揚が迫られるオリンピックなど国際的なイベントのたびに、目障りとされた野宿者はまさに「ゴミ」のように排除されてきました。

昨年のうつぼ公園の代執行であり(世界バラ会議)、2005年名古屋白川公園の代執行であり(愛知万博)、長居公園でも97年なみはや国体、2002年サッカーW杯の時にも野宿者排除の嵐が吹き荒れました。

また大阪市は日雇・野宿労働者2088名もの住民票を強制削除し、高齢日雇労働者や野宿者の失対事業である「高齢者特別就労事業」(年間約3億円)を「予算がない」という理由で削減する計画を進める一方で、世界陸上には40億もの税金を投入しています。大阪市は天皇出席の世界陸上を利用して「環境美化」「公園整備」の名目で野宿の仲間を排除し、仲間の生きる条件を次々と奪おうとしています。


そしてその動きに呼応するかのように警察はN君を「微罪」で逮捕し、世界陸上開会式への抗議の声を圧殺しようとしたのです。うつぼ・大阪城公園、長居公園の強制撤去、昨年の9・27弾圧(反排除を闘う5名の仲間の逮捕。今年8月9日には全員が執行猶予で釈放)、住民票の強制削除、特別就労事業削減計画、司法・行政が一体となって貧困者の生きる条件を次々に奪おうとしているのです。Nくんは、自分もまたその一人であるとして、若年不安定就労層との連帯・共闘を呼びかけ取り組んでいました。この卑劣な弾圧を糧に連帯の輪がさらに広がると確信します。

貧困者の人権を奪う棄民政策が強行される状況の中で行われる世界陸上、そして今回の弾圧に対してを私たちは断固として反対し、厳重に抗議します。

1.野宿者排除によって強行される世界陸上競技に反対!
2.大阪府警の暴挙を許さないぞ! 
3.大阪府警はN君を即刻返せ!
4.世界陸上競技大会という世界規模のイベントの影で、人権が踏みにじられている事実は世界に通用しない恥ずべき行為である!即刻撤回せよ!
posted by kamapat at 20:30 | 反弾圧・報告・メッセージ

2007/09/01

Nくん続報

N君の続報ですが、今日勾留理由開示公判の日程が決まりました。
9月4日(火)13:30〜14:00ということです。場所は大阪地裁504号法廷です。20人規模の小部屋という事ですが、来れる方はぜひ駆けつけて下さい。この不当な弾圧・勾留を許さないという意思を裁判官に叩きつけて行きたいと思います。

今回の拘留延長を決定したのは、西野牧子という裁判官ですが、この裁判官は、N君が職業はアルバイトで住所は現在住んでいる公園の名前を答えているにも関わらず、勾留状に住所も職業も不詳、更に住所不定・罪証隠滅・逃亡の恐れを付け加えるなど、かなり悪質で警察の言い分を鵜呑みにするような裁判官のようです。
ぜひとも抗議の声を送って下さい。
抗議先は
大阪地方裁判所
〒530‐8522 大阪市北区西天満2-1-10 西野牧子裁判官宛
06-6363-1281


最後に今日N君から届いたメッセージの一部を紹介したいと思います。
next
posted by kamapat at 11:30 | 反弾圧・報告・メッセージ

8月31日のパトロール報告

阪急コース25名
JRコース24名
地下コース10名
福島コース38名
合計97名でした。
雨で涼しくなり外で寝やすくなったせいか御堂筋の歩道沿いなどで出会う仲間が増えていました。
また今日のパトロールのビラにはN君弾圧に対する釜パトの声明を載せて配ったのですが、出会った仲間から「この事件のことは新聞で読んで知っているけど、俺はこのビラに載っている中身の方を信じるから」と声をかけられ大いに励まされました。
posted by kamapat at 11:28 | パト報告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。