2008/01/22

洞爺湖サミットに対する2・23学習・討論会(仮称)

7月G8洞爺湖サミットに対抗する取り組みが各地で動き始めていますが、関西でも以下の学習・討論会が準備されています。まだ詳細は未定ですが、ご予定ください。

(以下)

「7月G8洞爺湖サミットに対する私たちの行動計画のための2・23学習・討論会(仮称)」

 私たちは、「グローバル化」という大きな流れの中で、世界各地で深刻化している貧困と社会的排除、労働条件の切り下げ競争、巨大多国籍企業による食糧・水に対する支配、環境汚染と地域コミュニティーの破壊等の問題に注目し、それらの問題が日本においても私たちの日々の生活に直接に影響を及ぼしていることを実感しています。

 私たちは、グローバル化する政治・経済・社会のルールをG8を構成する一部の大国のリーダーや、WTO、世界銀行、IMFや世界の金融機関、巨大多国籍企業の経営者たちが非民主主義的な方法で決定することに異議を唱えてきました。
 今年7月に北海道で開催されるG8サミットに向けて、私たちは世界のさまざまな社会運動団体や労働組合、農民団体、NGOと連携して、私たちの対案を練り上げ、意思表示していくために、さまざまな行動計画を検討しています。

 すでに北海道を始め日本各地で、多くの運動団体がG8に向けた取り組みを開始していますが、関西においても、5月の環境相会談(神戸)、6月の蔵相・財務相会談(大阪)、外相会談(京都)と7月のG8首脳会談に向けて、可能な限り広範な運動の連携をはかっていきたいと考えています。

 そのための一歩として、2月23日(土)に、学習・討論会を開催します。その目的は、
(1)7月G8サミットに対する私たちの基本的な視点を共有すること、
(2)さまざまな団体や個人の情報、計画、提案を共有し検討することです。
そのために下記の4つのテーマについての講演と、その後に質疑・自由討論を予定しています。

テーマ(案)
1 気候変動問題:昨年12月のCOP13からG8サミットに向けた議論の流れについて(講師:「京都新聞」の日比野敏陽さん)
2 グローバル化と貧困・社会的排除に抗して(講師:交渉中)
3 G8と反グローバリゼーション運動(講師:龍谷大学の杉村昌昭さん)
4 世界の平和と憲法9条(講師:交渉中)

*********

呼びかけ
AMネット(06−4800−0888)
ATTAC関西グループ(06−6474−1167喜多幡方)
posted by kamapat at 21:38 | お知らせ

1.26 「貧困をめぐって社会運動体の地域的連帯は可能か」

 東京・荒川で1.26グローバルアクション(WSFあらかわ)が行われます。これは、毎年1月に行われる世界社会フォーラム(WSF)に代わって、世界同時行動として行われる各国フォーラムの日本での取り組みです。「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会は、このアクションで分科会を行います。ぜひご参加ください。
 なお、1.26グローバルアクションの詳細は、ウエッブサイトを参照ください。
http://2008.jan26.jp

-------------------------------------------------------------------------
1.26グローバルアクション・ワークショップ(分科会)
■貧困をめぐって社会運動体の地域的連帯は可能か■

◎日時:2008年1月26日(土)午前9:30〜12:15
◎場所:荒川さつき会館
    東京都荒川区荒川8-16-13
    都電荒川線「荒川二丁目」から徒歩10分
◎主催:「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会

◯主旨
 このワークショップでは、「新自由主義・グローバリズム下の競争と社会的排除、差別と分断に抗して、地域の中で、そして地域を越えて、さまざまな社会運動がどのように連帯し、公正・平等に基づいた社会をいかに目指すのか」という視点をベースに、それぞれの現場−運動領域の取り組みから、報告や現状の課題を出し合い、連帯のあり方や可能性を、ローカルなテーマとグローバルなテーマをつなぎ合わせながら、討論したいと考えています。
 とりわけ、荒川は、在日コミュニティや部落解放運動の歴史が示すように、差別・排外主義に抗し、権利を獲得してきた当事者運動の地平の上で、今日の地域連帯があり、それは行政区域としての「荒川区」を越えて、隣接する足立、墨田、台東、荒川流域から隅田川まで、荒川圏ともいえるスケールでも捉えることができるでしょう(荒川沿いの東京拘置所にいる獄中者の存在もまた)。
 私たちはさらに、歴史的に日雇い労働者の寄せ場として位置していた山谷から、隅田川〜浅草・上野へ、排除に抗し、生存権−居住権を求める野宿者運動の意義を積極的に位置づけてゆきたい。
 その中で、今日の新自由主義的政策(規制緩和、民営化、福祉削減・切り捨て)は、長い辛苦の闘いの中で獲得してきた成果を切り崩し、人々を分断し、風景を変貌させ、地域社会を解体せんと襲いかかってきています。
 私たちの誰もが希求する、対等なコミュニティや、働き方、生き方は、地域の中で困難さを強いられ、それぞれが抱える現場の課題に没してしまいがちです。だからこそ、ローカルな地点=当事者の現場から、グローカルな課題を視野に引き寄せ、対抗的な生き方、連帯の可能性を探ってゆく意味があるのだと思います。
 私たちは、「持たざる者」の越境する連帯を掲げ、さまざまな取り組みを模索してきましたが、今回の試みに参加し、ワークショップを呼びかけるにあたって、以上のような問題意識をもとに、荒川−荒川圏で、活動されてきた方々との出会い、フリーな交流・討論を通して、世界の反グローバリズム運動とつながるような、さまざまな構想もともに考え、深められるような場をつくろうと準備しています。ぜひ、多くの皆さんの参加・ご協力よろしくお願いします。

※「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会について
 私たちは、貧困に苦しみ社会的排除を受ける様々な「持たざる者」たち、日雇・野宿労働者、若年不安定雇用労働者(フリーター)、移住労働者、難民申請者、障がい者、民族的マイノリティ、性的マイノリティ、セックスワーカーなどが参加するゆるやかなネットワークです。それぞれの個別問題にとどまらず、背後にある今日の新自由主義・グローバリズムを共通の問題として捉え、ともに連帯してNO!の声を上げるために、取り組みを行っています。詳細はウエッブサイトをご覧いただければ幸いです。
http://www.jca.apc.org/nojukusha/have-nots

※ワークショップはほかにも多様なプログラムが用意されています。「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会では、「格差をなくせ!非正規労働者の未来と労働組合の役割」(呼びかけ・全日建連帯労組関生支部)の取り組みにジョイントして参加します。こちらもよろしくお願いします。(13時30分〜17時 アクト21男女平等推進センター・都電「熊野前」駅下車)

「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会
東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
TEL/FAX:03-3876-7073 e-mail:nasubi@jca.apc.org
-
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
posted by kamapat at 21:30 | お知らせ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。