2008/12/01

渋谷のじれんより 宮下公園行動提起

//// 渋谷区長とナイキのための公園なんてイヤだ!緊急行動! ////


★おかげさまで大好評★時々進化する手づくりサウンドデモ第3弾★
日にち:12月05日(金)
と き:18時30分〜集会
   19時00分〜デモ出発(20時到着予定)
場 所:宮下公園(中央階段上)
持ち物:パペット、プラカード、音の出る物(アルミ缶、片手鍋とおたま)などをもってきてください。一緒に音をならしましょう。
その他:手作りサウンドデモは音響機器だけではなく、アルミ缶やお鍋など家にある物やゴミとして捨てるような物を使い、一人ひとりが音をかきならすタイプのデモです。前回10月13日のデモには220名以上の方にお越しいただきました。歩を進める度に一体感を増す隊列はさながら熱い溶岩のようでした。今回は夜間のデモなので渋谷のクリスマスイルミネーションとのコントラストがひときわ際立つことと思います。極寒のデモは大変かと思いますが、勇気を出して外に足を踏み出してください!
会社帰りにひとデモいかがですか?

↓前回のデモの映像はこちらから。
>http://jp.youtube.com/user/nikepolitics


★みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 拡大報告集会★
日にち:12月19日(金)
と き:18時00分〜21時00分
場 所:渋谷区勤労福祉会館
内 容:○半年間の活動報告
○トークゲストをお招きしての報告・ワークショップなど。

【概 要】
いま日本の公園がゆれています。渋谷駅から徒歩5分の好立地にある区立宮下公園。その命名権をナイキジャパン社が購入し、有料ナイキパークに改修しようとしているのです。

去る11月25日、渋谷区土木部公園課は私たちの質問に対してこう答えました。「宮下公園の改修費用はN社が出すだろう。計画はおおむね決まった」と。この計画は渋谷区長と一部の議員によって水面下で進められてきました。区民や公園利用者への告知、諮問会議での検討、業社の入札など一切なし。区議会へも報告のみ。計画決定にいたるプロセスにおいても結果においても、公園のあり方をめぐる多様な意見が排除されようとしています。

ナイキは渋谷というターミナル駅前のまとまった土地を破格の値段で手にいれ、渋谷区も宮下公園を貸し出すことによって財政がうるおうとの腹づもりです。その値段は10年契約で2億円と言われています。(10月25日日経新聞東京版より)

もともと命名権の売却は自治体の財政を補うために始まりました。しかし、渋谷区長はハコモノ事業に600億円、友好国トルコの視察旅行に2000万円と無駄使いばかりしており、けして財政上苦しいわけではないのです。

私たちにはお金がなくても、ただ何もしないでいられる公園が必要です。また、都市再開発の波のなか、表現活動やイベントができる公園はどんどん少なくなっています。私たちはこれからも様々な立場から「公園がナイキのものになるってなんか変かも?」という問いを投げかけていきたいと思います。

【主 催】
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
東京都渋谷区東1‐27‐8‐202
電話:080‐3127‐0639/FAX:03‐3406‐5254
Mail:minnanokouenn@gmai.com
ブログ:http://minnanokouenn.blogspot.co
口座番号:00150-8-281375
当会はボランティアによる個人・団体の集まりです。行動費はそれぞれが負担しながら行っています。カンパのご協力のほどをよろしくお願いいたします。
posted by kamapat at 00:17 | 各地
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。