2007/02/19

釜パトに届いたメッセージ

長居公園の代執行直前まで、釜パトに寄せられていたメッセージを、名前を伏せて紹介します。
心を寄せてくださったみなさまに、感謝します。
………
私は市民運動家でもなんでもない、ごく普通の市民です。そのような私から見ても署名の趣旨に書かれてあることは至極まっとうな事柄であり、人間として生きるための最低限の要求が掲げられているにすぎないと思います。このような内容さえ拒否するならば、行政とはいったい何のために存在するのでしょうか。あなたがた行政側が、もし、野宿者の方たちを物ではなく、一個の人格をもった人間としてみているのなら、強制排除という暴力ではなく、対話で問題を解決できるはずです。また貴方がたが無機質な機械でなく、感情を備えきちんと思考の出来る人間でありたいとのぞむならば、対話以外に取り得る方法はないはずです。もしまた前回のように強制排除という手段をとるならば、野宿者のみならず、住民のあいだにも行政
に対する不信感を惹起することは間違いないと思います。
それはあなたがた行政にとってもマイナス以外のなにものでもないでしょう。
野宿者の方々は対話を望んでいるのです。
対話を、あくまでも対話を行政側には望みます。そこからしか真の解決策は出てこないということに、いい加減に気づいてください。
強制排除、NO!!
------------
社会保障費の削減やる前に、甘やかし放題の大企業にもっと税を掛け、所得税の累進課税率の最高を5割に戻せ!
ついでに金権腐敗政治を行い庶民泣かせの温床となっている日本経団連は強制解散で良い。
------------
署名でしか協力できませんが、強制退去反対運動の成功を願っています。
------------
弱いものを排除して体裁だけ整えようとする体制のどこが美しい国なんだろう。
------------
「排除」では問題の解決はできません。下関の駅舎放火はホームレスをどう支援するのかということに無関心であったことの結果です。放火の容疑者は役所に相談にいったにも関わらず、下関行きの電車賃を渡したのです。
------------
私は母子家庭で生活保護受給者です。精神障害者でもあります。この社会では「普通」でないと
いうことがどんなに生きがたいことか身をもって感じております。弱者が寄り添いあうのにテン
ト村は必要です。行政の都合で、私たちを追い払わないで下さい。私たちの居場所を奪わないで
下さい。
-------------
生活の場所を一方的に破壊する強制排除反対。大阪市はきちんと対話を。
-------------
mixi で知りました。
野宿者の強制排除に反対します。
--------------
行き場のない人を追い出すことは殺人となんらかわりありません。
--------------
長居公園強制撤去に反対します!
---------------
「くさいものには蓋、のような政策が許されるはずはない。」
---------------
元大阪市在住者として、この判断はいただけません。弱者へも寛容な大阪らしさが、どんどん無機質な関東ナイズへと意向していっているような気がしてなりません。
---------------
一番弱い立場の人が暮らせる国になって初めて国を愛することが出来る。自立は生活基盤が整ったうえでのことでしょう。住む人の思いを受け止めて、1 人1 人のために精一杯の対策を講じるのが地方行政の仕事ではないですか?公務員の仕事ではないですか?
---------------
「強制排除」は全くの非人道的行為です。行わなければならないことは、この不公正な社会を作り出している、政治的、経済的機構の根本的な改革です。
市長の、賢明なご決断を心より期待しております。
--------------
一人一人が尊厳を持って生きられる社会を創っていかなければなりません。
--------------
今知りました。大阪市の考える事わけわかりません。市の心ない対応、反応、サイト見てるうちどんどん腹立ってきました。いいかげんにしてくれお偉い方!一番大事なもんはなんだ!そんな事もわからんのかよ。。
真剣に強制排除中止してください!
テント村のみなさんの活動が実りますようお祈りします。
--------------
断固はんたいです。
--------------
野宿者強制排除に反対します。
---------------
仙台でも、西公園及び西公園周辺に住んでいる20 人近い野宿者たちが、地下鉄東西線建設のために、立ち退いて次の場所に移るのが当然のように扱われています。昨年の榴岡公園強制排除勧告以来、住む場所を失った人々は、排除されることを恐れて定住型の生活を避けるようになりましたが、そのことによって、自立への道筋が開かれたわけでは決してありませんでした。むしろ、生活苦に苦しむ人たちが日ごとに新たに路上に出てきて、枕するところを求めて、寒空をさまよっているのが現状です。自立支援という名の下に排除をするのではなく、路上に人々を追いやらないセーフティーネットの整備と、使い捨てにされている人たちの職業訓練、労働者としての人権を保護する施策、アルコール依存やギャンブル依存の治療、多重債
務の解決などにもっと重点を置くべきです。私たちは、本当の意味での問題解決を遅らせることになる強制排除に断固反対します
----------------
本当に許せません!
一緒に現場で阻止することができませんので、せめて署名をさせてください。
----------------
大阪市は、昨年の「うつぼ公園」での流血の排除の再現を呼び起こさないよう、厳重に申し入れたい。警備会社を用いて、自らの手を汚さず、うしろでへらへらしながら強制執行しようとする、その品性を告発したい。
-----------------
野宿者の強制撤去は止めてください。
余談ですが、行政担当者にとって、野宿者の強制撤去に携わるよりは、野宿者の支援と自立のために働くほうがやりがいがあるのではありませんか?
----------------


posted by kamapat at 19:14 | 長居公園代執行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。