2007/03/01

釜センタービラ

三日めの報告を書いて今朝、釜ヶ崎のセンターでまいたビラの文章です。
◆◇◆◇◆◇◆◇
野営3日目、釜ヶ崎労働者をなめきった関市長に労働者の怒りが爆発!!
労働者の住民登録抹消は関市長一人で強行している

2月27日関市長は、記者会見で、「解放会館への住民登録は、法律に違反している。だから見過ごせない。3月2日に約2800人の住民登録を抹消する。法律に違反してるんだから、どこにも住所が置けない人なんか知らん。他の住民票をおける場所は、作らない」と発言した。

 ふざけた話だ。住民登録を今まさに抹消されようとする労働者は、「1、住民登録を抹消するなら関市長自身が釜ヶ崎労働者に説明しろ。2、どこにも住民票が置けない人の置ける場所を設定しろ」と申し入れをし、26日から市役所の前で寝起きし、答えを待っていた。雨にぬれても、市役所に入れなくても、心の中で怒りが爆発しても、おとなしく市役所前で待っていた。しかし関市長は、その労働者を無視し、マスコミに一方的に強制削除を発表したのだ。釜の労働者なんか目に入らないのか。釜の労働者に口をきくのさえもったいないというのか!!

 10時からの交渉では、関のあまりに釜ヶ崎をなめきった態度に労働者の怒りが爆発!!市長室へ行こうということになった。入り口で多くの労働者がガードマンに阻まれたが、4人が、5階の市長室までたどり着き、「なぜテレビや記者の前では話せて、3日も待っている我々に話せないのか」「下にいる労働者にちゃんと説明せんか!!」と抗議した。(ウラを見よ)

 市役所玄関では激突の末、市民局の藤田課長代理を引っ張り出した。「選挙のときは、多数の労働者の住民登録がある解放会館専門の受付があった。解放会館に住民票を置いて選挙することは、市も認めた慣行だったんじゃないか」という質問に「慣行だった」と答え、「労働者が今回の登録抹消はだましうちと思って怒るのも当然だ」と認めた。

市長と担当局で話が違っている。要するに解放会館への住民登録が法律違反だから強制削除するといっているのは、関市長だけだということである。関が、担当がならわしであったと認める解放会館への住民登録を、法律違反と決め付け、権力をふるって強制削除に突き進んでいるのだ !!

 労働の皆さん!!関市長は、30年間、西成区でやられてきたならわしである解放会館への住民登録を一人で法律違反と決めつけ、3000人の労働者を住所不定に追い込もうとしている張本人です。釜ヶ崎労働者から住民サービスや選挙権、そして何よりも釜ヶ崎にいきる労働者として人としての誇りを奪い取ろうとしている張本人です。釜ヶ崎労働者の誇りをかけて、関市長と対決していこうではありませんか。市役所前での野営闘争に参加してください!!   釜ヶ崎地域合同労働組合 6631−7460

失業と野宿を考える実行委員会 6647−8278
posted by kamapat at 09:41 | 住民票・中之島野営闘争
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。