2007/03/30

抗議声明

朝に提出された抗議声明です。
◆◇◆◇◆◇◆◇
抗議声明

関 淳一大阪市長殿

 昨日午後5時半をもって、大阪市釜ケ崎解放会館、ふるさとの家、NPO釜ヶ崎に登録する2000名以上の労働者の住民票を、強制的に奪い取った。現在日本社会で生きるのにあらゆる面で欠くことのできない住民票を、釜ケ崎労働者の生活実態に当てはめることのできない住民基本台帳法という穴だらけの法律を振りかざして、職権で奪い取るという大阪市政始まって以来の暴挙に、腹のそこからの怒りをもって抗議する!

 この3施設に住民登録している労働者の多くは、西成区役所、あいりん職業安定所、自立支援センターなど大阪市や国の窓口の斡旋で、この3施設に登録した。行政のお墨付きがあったからこそ、信頼して登録していた。西成区役所も30年間受け付けていた。

ところが福岡県警の警察官が浮気して別人になるために解放会館の住民票を名簿屋から買い、マスメディアが無責任に騒ぐやいなや、大阪市は労働者の信頼を裏切り、手のひらを返して「違法状態は見逃せない」「選挙無効になる」と労働者を脅しつけ、ひたすら強制削除に突っ走った。行政自ら斡旋しておきながら、労働者を犯罪者にしたて住民票を奪い取る、これは明らかに労働者に対する詐欺行為である。

またこの登録斡旋の張本人の西成区役所は、事実隠蔽のため労働者と約束した実態調査を1ケ月以上ボイコットし、その後もデタラメ極まりない一方的な調査で、登録斡旋を否定している。釜ケ崎が存在する地域の行政機関としてあるまじき犯罪行為である。

大阪市は、大阪高等裁判所の「西成区に生活の本拠があると考えられる登録者から選挙権を奪ってはいけない」という差し止め判決を無視した。又一昨日の地裁判決では、大阪市の選挙権剥奪は、20歳以上の日本人にはみな選挙権があるという憲法に違反すると指摘している。今回の住民登録強制削除は、大阪市がもはや司法のチェックも受け入れないファシズム状態であり、普通選挙の実施されない前近代的な都市に成り下がったことを示している。

住民票を失った労働者におこるすべての不利益、又そのことによる社会的混乱の責任は、みな大阪市が負うべきである。

最後に釜ケ崎労働者はこんなことで負けはしない!釜ヶ崎労働者に連帯しようというすべての良心ある大阪市民・日本国民と連帯して殺人・詐欺・強盗・責任放棄の大阪市と闘い続けるだろう。釜ケ崎労働者をなめるな!

2007年3月30日

日本人民委員会・直接行動隊
posted by kamapat at 13:47 | 住民票・中之島野営闘争
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。