2005/10/08

うつぼ公園での追い出しをゆるさない!

 うつぼ公園(大阪市西区)は約30人の野宿の仲間がテント・小屋がけで暮らす公園です。この公園の仲間に対し大阪市が、公園改修工事を名目に11月30日までに立ち退くことを求めています。強制排除に直結する緊急事態です。
 うつぼ公園で暮らす仲間でつくるうつぼ公園自治会では、連休明け11日に寄り合いを持ち、みんなで話し合ったうえで公園事務所に話し合いを求めていこう、ということにしました。

うつぼ公園ではこれまで、自治会と公園事務所が話し合いながら工事についてもすすめてきました。それを一方的に反故にするやり方を、認めることはできません。立ち退きを求められても、行政の不十分な施策のなかでは「次の野宿先を探す」ことしかできず、野宿の問題の解決にはつながりません。もちろん強制排除なんてあってはならないことです。

 みなさんもぜひ応援に来てください。たくさんのひとの応援があること自体が行政に対して追い出し・強制排除をためらわせる圧力となります。10月11日(火)12時、うつぼ公園内バラ園近くのブロンズ像広場に集合です。最寄り駅は地下鉄四つ橋線本町駅、27番出口です。
 また、以下の公園事務所とゆとりとみどり振興局に抗議を集中してください。
 ゆとりとみどり振興局西部方面公園事務所 TEL06−6441−6748
大阪市ゆとりとみどり振興局総務部庶務課 TEL06−6615−0614 FAX
06−6615−0659

 また、時を同じくして西成公園でも事態が緊迫してきました。10月中の立ち退きを求められています。こちらについても情報や行動提起を引き続きお伝えします。

 連絡・問い合わせは
 長居公園仲間の会
 nagaipark_tentvilla@yahoo.co.jp

*****
 以下はもう少し詳しい経緯の報告です。

 うつぼ公園では2年前、うつぼ公園内のバラ園が、来年大阪市で開催される「世界バラ会議」の会場のひとつとなっていることから、整備工事の名目で立ち退きを求められていました。この時にうつぼ公園自治会が中心になって「失業と野宿を考える実行委員会」として公園事務所と数度の話し合いを持ち、「工事は仲間の生活に支障のないように行っていく」「仲間もできる範囲で工事に協力する」「戸別訪問はせず自治会と話し合う」ことを確認してきました。このかん、園路や植栽を一部分ずつ工事してきましたが、それもあくまで自治会と行政が話し合った上で行ってきました。
 ところが10月4日、自治会に一言もないまま、突然戸別訪問によりビラを配布し立ち退きを求めてきたのです。行政は明らかに一歩を踏み出しました。
 すぐさま自治会の仲間は公園事務所に出向いて抗議をしました。「これまで工事の話は自治会を通していたにもかかわらず突然個別にビラを撒くとはどういうことか。仲間全体との話し合いの場を持て」と要求。公園事務所側は「戸別訪問を行い、自立支援センター入所等の措置を取る」との一点張りです。

 翌10月5日、緊急に集まれる人で集まって相談を持ちました。
 その時にあった仲間の意見をいくつかあげます。
 配布されたビラによると「11月30日までに出て行け」ということだが、行政が強制排除をやる気でいるのかどうかが問題。どのくらい本気なのか。
 ビラに掲載してある図面によると、うつぼ公園全域を工事の対象にしている。これまで部分工事でやってきたものがなぜ全面工事ということになるのか疑問。部分工事でできないのか。
 公園事務所は「戸別に訪問したい」ということだが、その内容は生活保護と自立支援センターで、たかが知れている。それであかんから野宿している。施策の内容をよくするのが先だ。
 などです。

 大阪市職員が配布したビラの文面は以下の通り。
*****
 平成17年10月4日
 工事のお知らせ
各位
 西部方面公園事務所
 近く靭公園において工事を施工いたします。つきましては、この物件(テント・小屋のこと)は工事の支障となりますので、来る11月30日(水)までに撤去していただきますようお願いいたします。

工事名称 靭公園整備工事
工事期間 平成17年12月上旬から平成18年2月末までの予定
工事内容 自然観察園路整備、景石据付、植栽、剪定・剪除
工事区域 裏面のとおり(裏面に整備計画図)
連絡先 西部方面公園事務所  TEL 6441−6748
*****

 以下は、10月5日の相談を受けて6日に仲間に届けた、寄り合いを呼びかけるビラです。
*****
 うつぼ公園で暮らすみなさん!
 10月4日付文書で公園事務所が工事を名目とした立ち退きを求めてきました。期限は11月30日としています。同時に、うつぼ公園自治会に対して、団体交渉はせずに個別訪問をしたいと通告してきました。
 この件で、10月11日(火)12時に集まって、うつぼ公園に住むみんなで話し合いたいと思います。そして、公園事務所に対してもみんなで話し合いにいきましょう。ブロンズ像広場です。
 行政の文書では全面工事をするかのように書いてありましたが、これまで部分工事でやってきたのにナゼそれができないのか!?まだ工事していない場所で、仲間の小屋のない所だってあるというのに。これでは追い出しのための全面工事としか思えない。
 また、個別訪問したいというが、一体何を話すというのか。生活保護と自立支援センターならタカが知れています。プラスアルファはあるのか!?仕事をもってこい!!
 何よりも、強制排除をするつもりなのか!?
 こういったことをみんなで問いただしていきましょう。大阪市中の野宿の仲間が見つめています。いっしょにがんばりましょう。
*****

 うつぼ公園では、月に一度公園と公園周辺を清掃する『うつぼ公園おそうじ隊』がいい雰囲気で盛り上がってきていました。
今回の取り組みは、野宿の仲間の言い分や行政の非道に直接触れる機会ともなります。仲間とぜひ交流してください。
 みなさんのご支援、どうぞよろしくお願いします。
posted by kamapat at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 反排除
この記事へのコメント
靭公園ホームレスの行政代執行がニュースになりましたが、このホームレス撤去の裏にも公園工事費に関連する金銭的な問題が絡んでいるといえます。
すでに記載されていますが靭公園のアンツーカーコートも世界バラ博開催の工事費を西区に確保するためにスポーツ会館と共に取り壊されました。
今ではすでに公園内の土の道も半分はコンクリートで埋め立てられています。あの緑化運動のは何だったのでしょうか?

最近、一部海外のBBSでもテニスコートをつぶしたことが記載されていました。大阪市はスラムだという評価でした。でも、議員さんや市の役員さんは、そんなことは気にされないでしょう。バラ博さえ終わればいいのです。すべては税金を使って区や市や業者が潤えばいいのです。

今の大阪市はそういう所になってしまいました。今年の夏は、靭公園のコンクリート舗装された道の下で何万匹もの蝉が地上に出れず、そのまま死んでいくでしょう。 公園に住む生物達の命を奪った怨念は、欲に満ちた議員、長いものに巻かれた議員、推進派の振興会の会長、裏で操る街の権力者、そして冷たい周辺住民達へ乗り移り取り付いていくことでしょう。

つい最近不正問題が発覚した、実行犯のゆとりとみどりの振興局はホームレスへのいろんな手立てをしているようなパフォーマンスしていますが、ホームレスの数が多すぎる大阪の現状からも、それが絵に書いた餅であることはバカでもわかります。ホームレス達はもはや行き場がありません。人道よりも金、命よりも金、そう感じます。

大阪都会のオアシスは、緑の木々の表層の裏でその土地をめぐる黒くドロドロした人間達の欲望によって存在する公園になってしまいました。工事関連の問題は空残業やスーツ問題どころではありません。3セクの問題、懲りずに今も人がこない島を作っています。力は弱い方に回ります。障害者支援法も変わり、増々障害者や高齢者の行き場がなくなっています。いつも経費削減は弱者への負担からはじまります。大阪市は本当に腐っています。

すっかり愛のない街になってしまいました。それを靭公園工事が語っていますが、もう大阪市民も冷めてしまっているのか無関心な方が多いです。きっとこの出来事もいつかまた忘れ去られてしまうことでしょう。

綺麗なバラにはトゲがあるとはいいますが、バラ博が開催され、バラが咲き誇り、世界から人が訪れてにぎわう大阪の街の裏には、多くの人や生物の犠牲がおり、心なき者達が微笑む冷たい大阪の街があったことを、私だけでも忘れないでいたいと思います。
Posted by 愛のない街になってしまいました。 at 2006/01/30 19:21
うつぼ公園の珍事は、私も見ておりました。
まるで、地球を追い出される未来の私たちの姿を見てるような気分になりました。

それにしましたも、5月の世界バラ会議大阪大会があるとのことで
http://www.worldrose-osaka2006.jp/jp/index.html

公園に居た方を強制撤去されてしまったようですが、このような派手な大会を大阪でする必要があるのでしょうか。
また、大阪は他にも問題が山積みにも関わらず、このような派手な大会を多くの税金を使ってやることに、大阪の方々はほんとに同意なさってるの
でしょうか。大変、疑問に思いましたので書き込みさせて頂きました。

2245億もつぎ込んだアジア太平洋トレードセンターも、そのままです。
http://machi.goo.ne.jp/snd/spotID_TOgto107/leisure/details.asp

最近、話題になっています人工島「舞洲」に浮かぶ派手なゴミ処理場。
http://www.osaka-minkoku.info/osaka/osaka08.htm

通天閣に至っては、元々の姿は凱旋門とエッフェル塔を足したよな形だったようで、町並みもフランスをまねて三方向へ広がるという設計だったようですが、これも中途半端?
今の二代目通天閣になり、隣にはなぜかルナパークという遊園地があって、何でルナ??これも不思議です。今はスパワールドがあって、この温泉は、中はヨーロッパの青の洞窟だったり色々とゴージャスです。。
ビリケンも怪しさ満載で、元々はアメリカの女性が夢で見たという神だそうで、禿げているし。。
通天閣にドンと居座っていて、不気味ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C_%28%E5%A4%A7%E9%98%AA%29
Posted by hikari at 2006/04/03 09:37
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。